海水淡水化とは

世界には、きれいな海はあっても、水に恵まれない国々がたくさんあります。
地球の70%以上を占める海水から、東レの技術で飲料水を創り出すことができたら…。
それを実現するのが東レの海水淡水化装置です。

従来、海水淡水化は、海水を蒸発させて塩分を取り除く蒸発法によって行われてきました。しかし、これでは大量のエネルギーを消費してしまい、環境破壊の原因に。そこで東レは海水を蒸発させず塩素イオンを除去できる逆浸透膜をいち早く開発し、地球にやさしい海水淡水化装置を完成させたのです。

プロセス例
UF膜(限外ろ過膜)/MF膜(精密ろ過膜)とRO膜(逆浸透膜)を組み合わせた海水淡水化プロセス例
海水中の微生物や貝類が繁殖しないように、原水タンクに次亜塩素酸ナトリウムを注入します。その後、海水の微粒子を取り除くため前処理を行います。前処理は、従来は砂ろ過等を使用するのが一般的でしたが、最近ではより高品質の処理水を得ることができるUF膜(限外ろ過膜)やMF膜(精密ろ過膜)を使用するケースが増加しています。なお、前処理では、微粒子の除去効率を高めるため、海水性状によって凝集剤として塩化第二鉄を添加します。
前処理の処理水に硫酸を添加し、pHを下げることによって、海水に含まれるカルシウム等がRO膜(逆浸透膜)内部で析出(スケーリング)しないようにします。また、海水に添加した塩素がRO膜(逆浸透膜)の性能劣化を引き起こさないように、塩素除去のため重亜硫酸ナトリウムを添加します。その後、高圧ポンプで昇圧し、昇圧された海水をRO膜(逆浸透膜)モジュールに通し、真水の透過水と、塩分が濃縮された海水とに分離します。透過水には必要に応じ、次亜塩素酸ナトリウムを添加します。

このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ